年齢認証

あなたは18歳以上ですか?
はい(18歳以上) / いいえ
このHPには、腹パンチをはじめとする暴力的なシーンやグロテスクな表現が含まれます。18歳未満の方はご退場下さい。また、ご視聴される方も不快感を持たれる可能性がありますので、十分ご注意の上で自己責任でご覧ください。

腹パンチマニアが選ぶフェチ動画

腹パンチに悶絶する美女

 

このページでは、私が腹パンチに目覚めてマニアになるキッカケから、どのような腹パンチが好きなのか?

 

一口に腹パンチといっても、その女性のタイプやシチュエーション、求める暴力度合や残虐さなどには個人差があります。

 

私が今現在、好みの腹パンチについて書かせて頂きました。

 

腹パンチに目覚めたキッカケ

 

腹パンチで悶絶する女性

 

「人には、言えないな…」

 

腹パンチに目覚めたのは小学生の頃でした。

 

クラスにいた「デカい女子」二人組と、私たち悪ガキグループでいつも殴る蹴るの乱闘を起こしていました。

 

昭和の古き良き時代の話です。

 

令和の今の時代にそんなことしてたら、すぐに親呼び出しで問題になるんでしょうね。

 

突然、その乱闘は始まることもあれば、放課後に申し合わせてから始まることも…

 

顔面は無し!というルールのもと、まるでスポーツを楽しむかのように喧嘩をしていました。

 

(顔面無しでも興奮のあまりぶつかったり拳が当たったり、しょっちゅう鼻血を出していました)

 

私たちグループは、その二人の女子を「バーゴン」と「ノッポ」と読んでいました。

 

丁度、ドラゴンボールのドドリアとザーボンのような、そんなイメージがバッチリハマる二人組仲良し女子だったのです。

 

掃除の時間に言葉を交わさずに、いきなり「ほうき」を振り回して「おりゃー」とケツをほうきの棒で殴ったかと思うと、バーゴンの腕力は桁違いです。

 

私の手下だった男子は、振り回されるように襟首を握って押し倒され、そこに構わず鳩尾への足踏みが飛んできます。

 

悶絶する仲間を救うべく、私たちはバーゴンを前後から取り囲み、同時にアタック!

 

バーゴンの腹を目掛けて前蹴りを入れたり、胸あたりを拳で正拳突きしたり…

 

時にノッポだけの時を狙って急襲をしかけ、ノッポを一番下にしてその上に男3人の乗って体重で圧迫して「降参」させたりしていました。

 

どちらかというと、ザーボン役のノッポのほうが戦闘力が弱く、一人のところを我々サイバイマン男子に狙われることが多々ありました。

 

ちなみに、この格闘において、格闘と称して「性的嗜好を満たそう」という考えは全くありませんでした。

 

小学校4年生くらいの男の子で、まだオナニーのことすら知らないような、古き良き時代です。

 

オナニーを知ったのは6年生の頃、田んぼの脇に雨でカピカピになったエロ雑誌の中で、漫画の登場人物の男が自分のチンポを擦っているシーンを見て、意味も分からずに「見よう見まね」でドッポン便所でしごいたのが初めてでした。

 

驚愕しました、擦っているだけで気持ちよかったのが、突然恐ろしいほどの快楽に包まれたかと思うと、チンコの先からドピューと液が飛び散ったのですから…

 

それから、狂ったようにウジ虫の湧くドッポン便所や、浴槽の横にベタ付けで洗濯機が置いてある狭いボロ家の風呂場で、毎日毎日シコシコしまくって洗濯機の側面にぶっかけていたのは古き良き思い出です。

 

話が逸れました、戻します(笑)

 

で、前振りが長いんですけど、これが無いと話が伝わらないので、もう少し読んでください(笑)

 

頻繁に乱闘を起こしていた私たち男グループと二人組の最強女子タッグの激闘の中、ある日何を血迷ったのかクラスのマドンナ的な少女が紛れ込んでしまったのです。

 

乱闘を止めようとしたのか、混じって乱闘しようとしたのか、未だに謎です。

 

またその日は特に乱闘が激しく、興奮してキャッキャ言いながら取っ組み合ったり、ボディや足を殴ったり蹴ったり…

 

取っ組み合いになりながら、サイバイマンである私たちは勝手に「悟空」とか「トランクス」とかになった気分で、目をつぶって技を出しているような気分に浸ったりしていました。

 

そこに、クラスのマドンナが紛れ込んでいることも知らずに…

 

私は何も知らずに4,5人でゴチャゴチャになっている中、目の前にあった女子の腹を目掛けて、思いっきりストレートボディーを喰らわせました。

 

知能指数の低いガキが、更に興奮してますからね。

 

もはやバーゴンでもノッポのものでもない、女子のお腹であることは認識していたのかどうか…

 

かめはめ波の流れで、思いっきり細く弱い制服姿の女子のボディに、完全に鳩尾に喰い込むボディストレートを入れてしまいました。

 

その瞬間、「うーーー」という呻き声と共に、あたりが静まり返りました。

 

仲間のサイバイマンも、「え、それはヤバイよ!」といった目で将軍であるはずの私の眼を「やっちまったな!」みたいな蔑む目で見てきます。

 

目の前に、クラスのマドンナがお腹を押さえしゃがみ込み、それだけでは堪えきれず、前のめりに崩れ落ちて床にうつ伏せで倒れこんでしまいました。

 

そのあとも、仰向けになって泣きわめき、スカートから生足が飛び出してパンチラも少し見えて、泣いて泣いてお腹を抱えて、とても苦しそうです。

 

仲間のサイバイマン達はアタフタとしており、敵のドドリアたちは近寄って彼女を労わるような仕草をしています。

 

その中、私は呆然となり、立ったままその光景を眺めつつ、とんでもないほどの「快感」に包まれていました!!

 

セックスはおろか、射精の快楽すら知らない子供のオスが、意味の分からない全身の血が駆け巡るような感動に浸って、ただただ悶絶するマドンナの姿を見ながら震えていました。

 

その姿を、仲間のサイバイマン達は「泣いている」と思ったらしく、チンコがバキバキに立っているのを隠すように私もしゃがみ込み、それでも悶絶するマドンナから目を離さず、ひたすら視姦していました。

 

ふー、なんとか私が腹パンに目覚めた一番のキッカケとなった幼少期の一コマを、ざっとですがお伝え出来たかと思います。

 

あの日、マドンナが悶絶する姿に謝ることすら忘れ、意味の分からない快楽に浸り震えた少年が今、こうやった腹パンチの動画レビューサイトを作っているというわけです(笑)

 

女性が苦しむ姿に悶絶する性癖にハッキリと気づいたのは、もっと後だったと思います。

 

意味の分からない興奮はハッキリと記憶に刻まれましたが、マドンナを泣かせてしまったという現実は幼少期においては強烈なダメージとなり、クラス中から批難の眼を浴びメンタル的にへこたれたのを覚えています。

 

数年前の同窓会でも、もう20年以上昔の話になりますが、「○○くんが▲▲さんを殴った時は、まじビビったよ!〇〇くんが泣いてるの初めて見たからね」と言われました。

 

クラスのパシリヤローが言った言葉です。

 

そのパシリヤローはどこぞの一流企業に就職したらしく、同窓会で会ったっきりで、連絡先すら交換しませんでしたが…

 

こんなわけで、私は腹パンチにとてつもない性的嗜好を感じてしまうフェチを持つ大人の男に成長してしまいました。

 

ただ、とにかく腹パンチで女性を滅多打ちにして苦しめることにフェチズムを感じるわけではありません。

 

私が好む腹パンチの詳細

 

CMNF腹パンチ

 

私は、ハードなタイプはむしろ嫌いであり、ソフトな痛めつけにフェチを感じるソフトリョナラーです。

 

事件になるほどの過激な拷問や残虐なプレイには興味がありません。

 

女性にちょっとイタズラをするような、力の差を見せつけて屈服させて征服欲を満たしながら支配するような…

 

CMNF(Clothed Males and Naked Females)も好きです。

 

このCMNFっていうのは、「男性は着衣、女性は裸」みたいな感じで、そこに落差をつけて主従関係を明示するといったフェチの一種です。

 

着衣の男性に裸の女性が腹パンで拷問される姿が安定して興奮できます。

 

か弱い女性(強がってるのも好きですが…)が鳩尾に腹パンを喰らい、悶絶して崩れ落ちていく姿に強烈なエクスタシーを感じます。

 

演技ではなく、本当に女性が苦しむ姿であれば、出血させたり傷をつけたりする必要はなく、ただ腹部のダメージに悶える姿が見れれば強烈に興奮できる男です。

 

傷つけて傷害にまで発展しかねないような残虐なプレイはフェチではありません。

 

適度な拷問である腹パンチが、そういう意味でも私のフェチには丁度いいプレイなのです。

 

もはや、これ以外で抜けないよって思うこともあります。そのくらい大好きです。

 

大好きを通り越して、もはや酸素と匹敵すると言っても過言ではないくらい私の性欲を満たすうえでは必要不可欠な要素となっています。

 

根っこの部分には、女性を暴力的に支配することに対する欲望を抱いているのかもしれません。

 

いまいちモテなかった未成年時代の恨みや辛みからの女性に対する敵対心なのかもしれません。

 

女性の柔肌お腹を殴るという行為は現実的には不可能な行為ですので、妄想の中でも楽しませてもらわないと性欲が満たせないのです(笑)

 

あの日のマドンナのお腹を殴った感触は、死ぬまで消えない記憶として刻まれています。

 

残虐非道で強烈なハードリョナにはそれほどの興奮を覚えません。

 

流血したり体を切り裂いたりするのは、全く持って好きではありません。

 

逆に、ソフトな暴行やレイプに関してはウェルカムです!

 

少し自分でも線引きが難しいところです。泣きわめく女性を無理やり犯す系も、残虐な行為だと思いますが、それはそれで好きだったりするんですよね…

 

首絞めとか踏みつけとか、嫌がる女性を無理やり犯すとか…好きですねんですよね(笑)

 

出血系が苦手なのかも…

 

手頃な感じのリョナって言っても人によって程度の違いがあると思いますが、私としては男性が喰らっても悶絶するくらいの強烈な腹パンチを喰らって悶絶する女性の姿が一番好きです。

 

とにかく、か弱い女性が悶絶して苦しんでいる姿に勃起します。

 

強烈すぎない腹パンチでも、女性が痛がって苦しんでいるのなら全然満足出来てしまいます。

 

ましてや、涙を流したり、許しを請う叫びを上げたり、失禁してお漏らししたり…

 

そういったオプションまでついてくると、更に喜んでしまうという変態男です。

 

すいません、思うことをタラタラと書きました。

 

性癖って明確な線引きやカテゴライズが出来ないところがまた、面白いところだとも思います。

 

引き続き、自分の性癖とも向き合いながら楽しく追求していけたらと思っています。

 

まとめ

 

腹パンチで悶絶する女性

 

私は腹パンチが好きすぎで、もはやこれ以外では抜けないって程の病的な嗜好となっています。

 

そんな私が自分用に見たエロマニアック腹パン動画をコレクションしてまとめよう。

 

そう思って作ったのがこのHPであり、腹パンチ動画をレビューしながらご紹介していく形となっています。

 

同じ腹パン愛好家の方に喜んでもらえるような作品レビューをしていきたいと考えています。

 

一緒に腹パン世界の魅力にドップリ浸かって楽しみましょう。

「顔無しのスレンダー女性の鳩尾を責め倒す!妄想を膨らませる作品として持っておきたい1品ですね。」柔らかな宝石本編動画を確認する(無料登録でサンプル動画見放題!)スポブラにパンツ姿のスポーティーな女性に...
「美しい女たちの腹が赤く腫れあがる!4人の女の恐怖と涙の腹パン劇場!」女体いたぶり 腹パンチ01本編動画を確認する(無料登録でサンプル動画見放題!)多分に演出が入っていますが、何でしょうかね、普通に興...
このページの先頭へ戻る